βクリプトキサンチン

βクリプトキサンチン

プライベートジムBelleza新規入会受付中!

βクリプトキサンチンが多く含まれるみかん

 

βクリプトキサンチンは、インスリンの効きを良くし、血糖値を下げる働きをする。

 

βクリプトキサンチンが多く含まれている食品が柑橘類・ミカンであるという。

 

 

 

TV番組「たけしの家庭の医学」では、

 

最新情報として、医学界で注目されているのが、食べ物の色と健康との関係。

 

食べ物の色は、食材に含まれる栄養素と密接に結びついていると言われている。

 

そんな食べ物の色と健康との関係についての最新研究では、
血糖値を改善してくれるある色があるという。

 

研究によると、ある色の食べ物を食べている人は、
食べていない人に比べ2型糖尿病の発症リスクが57%も低下するという。

 

 

ということで、例によって数名の方の協力を得て実験検証されるんですが、

 

血糖値を改善してくれるある色とは・・・“黄色い食べ物”

 

“黄色い食べ物”には、βクリプトキサンチンという栄養素が多く含まれていて、
このβクリプトキサンチンの働きが血糖値を下げる働きがあることが証明されたということなんです。

 

 

中でも最も多くβクリプトキサンチンが含まれている食べ物が・・・

 

柑橘類、特に『みかん』だということです。

 

柑橘類の中でも、ポンカンや伊予柑などに比べて温州みかんに多く
この栄養素が含まれているということです。それも糖度の高いものに!

 

 

しかし、糖尿病の方に限らず糖の摂りすぎはだれしも要注意ですから、
みかんを食べるのは一日3個程度が良いとのことでした。

 

朝、昼、夜の食事後のフルーツとして1個ずつ分けて食べたほうが、
一度に3個食べるより効果があるそうですよ。

 

柑橘類のみかんに多く含まれるβクリプトキサンチンは、
インスリンの効きを良くし、血糖値を下げる働きをするとのことでした。

 

今からがおいしさの旬を迎える『みかん』おいしく食べて血糖値管理しましょう。。。

 

くれぐれも食べすぎは要注意ですよ!

 

 

βクリプトキサンチン,必須栄養素,炭水化物,糖質制限ダイエット,効果,やり方,痩せない


ホーム RSS購読 サイトマップ